内装も優れているタワーマンション

景観だけじゃない育ちの良さ

高級賃貸マンションはタワーマンションやデザイナーズマンションのようにエクステリアが優れているのはもちろん、インテリアや専有設備に関しても通常のマンションにはない非常にグレードが高く、見栄えのするインテリアと生活を便利にしたりセキュリティを高めてくれる数々の最新の設備が導入されているのも大きな特徴です。
建材も質が高く、断熱性や防音性に優れたものが使われており外断熱、内断熱ともに高い性能を有し、床暖房や全室に備わったエアコンで一年中快適な室内温度を提供します。

プライバシーがしっかり守られる構造

また間取りも高級賃貸マンションではパブリックゾーン、プライベートゾーンと呼ばれる二種の空間を意識した間取りが取られる事が多く、プライベートゾーンではトイレやバス、寝室などが割り当てられ、パブリックゾーンではホームパーティーなども可能な来客に対応できる部屋が割り当てられ、通路も大理石や御影石といった見栄えのする建材が使われているなど工夫が凝らされています。
絵画などを飾るため、ピクチャーレールを実装していることも多くインテリア面においてもハイグレードな演出が可能となっています。

ハイテク設備やインテリアも素晴らしい

またコンセントもマルチメディアコンセントと呼ばれる、電気コンセントだけでなく、電話端子やテレビ端子、インターネット回線接続端子などが全てまとまったコンセントが使われている事が多く、家電のコードなどを一つにまとめることができインテリアを乱しません。
風呂はフルオートバスとなっている物件が多く、追い焚きや足し湯を簡単にあるいは自動で行なってくれます。
キッチンもダイニングキッチンなどを取り入れた見栄えがよく、機能的なキッチンが多数です。
このように高級賃貸マンションはエクステリアやサービスだけでなく、インテリアや設備もハイグレードで生活する人のことをよく考えた工夫が凝らされています。